建築家と建てる家を、身近に、手軽に R+houseじょうえつ

MENU

R+house CONCEPT

アトリエ建築家とつくるデザイン住宅

「デザイン性」と「機能性」を
高水準で両立する理想の住宅。
そんないつか住んでみたいと思うような住宅を、
手の届く価格で提供するのがR+houseです。

「デザイン性」と「機能性」を高水準で両立する理想の住宅。

お客さまの理想を
カタチにするために

R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。「建築家に依頼すると、設計料が高くなってしまうから......」と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。R+houseでは、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。

R+houseでは
建築家との家づくりが
このような流れで進みます

STEP #1

ヒアリング

お客様のライフスタイルや将来のライフプランなどをアトリエ建築家が詳しくお伺いします。ご夫婦の趣味や、未来の家族像、家族の日々の過ごし方など、ご家族が描きたい「暮らし」のお話をじっくりお聞かせください。

STEP #2

プランのご提示

お客様それぞれのライフスタイル・価値観に最適なプランを、パースなどのイメージしやすい形でご提示いたします。将来のライフスタイルの変化まで見据えた、柔軟性のある空間を建築家がデザインします。

STEP #3

仕様の決定

お客様からいただいたご要望を取り入れ、細部までつくり込んだ最終プランを練り上げます。キッチンや洗面台、壁の色やドアなどの仕様、色合いのバランスなどの細かなこだわりも反映します。ご提示した内容に納得いただけた段階で、建築確認申請・工事契約など正式なご契約へ移ります。

高気密・高断熱・高耐震にこだわった住宅

いくらデザインが優れている住宅でも、夏は暑くて冬は寒くては意味がありません。外の暑さや寒さの影響を部屋の中に与えない「高断熱性」を確保することが大切なポイント。そして、高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるために、「高い気密性」を併せ持つことが重要です。さらに高気密・高断熱の住宅は、冷暖房のランニングコストも抑えてくれる環境にも家計にも優しい住まいです。

高断熱の指標となる
「Q値」と「UA値」

住宅の断熱性は「Q値」または「UA値」という指標で表されます。この数字が小さいほど熱が逃げにくい“高断熱な家”になります。R+houseは、Q値・UA値ともに日本の断熱化基準である「省エネ基準」を大きく上回っています。

高断熱の指標となる「Q値」と「UA値」

高気密の指標となる「C値」

住宅の気密性は「C値」という指標で表されます。C値は床面積1m2あたりの隙間面積(cm2)で示され、数字がゼロに近いほど隙間の少ない“高気密な家”になります。これまでの日本の目標は5.0(cm2/m2)。それに対してR+houseの標準は、その10分の1以下の0.34(cm2/m2)です。

高気密の指標となる「C値」

内部結露を防いで、高耐久性を実現

木造住宅の耐久性を低下させる何よりの大敵は、壁の内部で発生する「結露」。結露を防ぐためには「気密」「換気」の要素が必要不可欠です。R+houseは高い気密性と正しい計画換気を実現していることに加え、万が一結露が発生しても木材にダメージを与える前に水蒸気として逃がす構造をとっているのが特徴です。これによって、耐久性の高い木造住宅を実現しています。

無駄なコストを削減 新しい時代のオーダーメイドハウス

R+houseは、一流の建築家が設計する住宅でありながら仕入れ・時間・手間などを省く合理的な工夫を随所に取り入れ経済コストも同時に追求した注文住宅です。アットホームラボは、一組でも多くのご家族に高性能な住宅をご提供したいと考えています。

家づくりの流れ
R+houseができるまで

STEP #1

家づくりの基本的な知識を身につける

まずは『賢い家づくり勉強会』でR+houseの家づくりを知ってください。資金計画や土地探しなどもご提案することも可能です。

STEP #2

土地を入手し、敷地調査を行う

家のプラン作成をお申し込みください。土地の広さ・形状・地盤・建築条件・水道ガスの有無などを調査します。アトリエ建築家に伝えるための住宅要望書を、家族で話し合って作成します。

STEP #3

建築家との打ち合わせをし、プランを決定する

アトリエ建築家との打ち合わせは、原則3回。建築家との初回打ち合わせで、あなたのこだわり・要望や大切にしているライフスタイルをお伝えください。初回打ち合わせの2週間後、建築家がプラン提示をします。修正を反映したプランを建築家・当社・お施主様の三者で最終確認し、工事の準備を進めて参ります。

STEP #4

設計申し込みをし、最終契約を結ぶ

図面が完成したら、所定の検査機関に建築確認申請を提出します。長期優良住宅申請をした場合は許可を待ちます。申請が下りれば、設計・施工請負契約を取り交わし、着工に進みます。

STEP #5

いよいよ着工 ~ 完成へ

地鎮祭→地盤基礎工事 棟上げ外部工事→内部工事、設備工事 外構工事→完成・引っ越し
R+house じょうえつ
〒942-0064 上越市塩屋新田350
tel. 0120-55-9262 (free)